公益財団法人石川県臓器移植推進財団

臓器提供のこと知っていますか

org.jpg

財団の事業 ≫

臓器移植について
いろいろな普及広報事業を行っています
ご協力をお願いします

公益財団法人石川県臓器移植財団の事業

所在地 石川県河北郡内灘町大学1丁目1番地                                                 金沢医科大学病院内

電 話 076-286-3511 内線6200,6201

FAX 076-286-5301

 当財団は、腎臓をはじめとする臓器移植医療の推進を図るため、平成元年に石川県及び県内各層のご支援、ご寄附により「財団法人石川県腎臓バンク」として設立されました。その後、平成10年に「石川県臓器移植推進財団」と名称変更し、平成23年には公益財団法人としてスタートいたしました。
 財団では、一般の方や関係機関等への臓器提供に関する普及広報活動、移植を希望される患者さんや、実際に臓器を提供される患者家族の方の支援、移植医療にかかわる病院職員の研修や支援、関係機関の協力体制の整備や支援を行っております。


平成28年度 事業報告・決算

平成28年度 移植医療推進研究会事業の紹介


平成29年度 事業計画・予算

移植医療セミナー(移植医療推進研究会主催)

0000044786.jpg

石川県腎友会が「命のキャラバン」運動で臓器移植の協力をお願いしました

知事メッセージ受領
 石川県腎友会では、平成11年度から、臓器提供について重要な役割を果たす救急医療や脳神経外科領域に携わる医療従事者に対して、移植を希望する患者の状況を説明し、移植医療の普及推進を図るため、毎年「命のキャラバン」運動を実施し、9月から10月にかけて県内の病院を訪問しています。
 今年は、初日の9月7日(木)に、石川県庁で健康福祉部長から「各病院長宛ての知事メッセージ」を受取り、このメッセージを県内の32病院・医院に伝えて臓器移植の協力をお願いしました。





                                   石川県腎友会(昭和47年発足)
                                   会 長 森田一郎
                                   所在地 金沢市石引1丁目8-3
                                   連絡先 076-221-2981



黄色い羽根 石川(石川県腎友会)の「黄色い羽根募金」運動

0000042986.jpg
 黄色い羽根 石川(事務局:石川県腎友会)では、9月から11月末日まで、「黄色い羽根募金」運動を実施しています。
平成9年(1997年)10月に臓器移植法が施行され、日本でも脳死後の臓器提供が可能になり、臓器移植による治療にむけて新たな道が開かれました。それに合わせて石川県で始まった『黄色い羽根募金運動』は、「日本黄色い羽根友の会」の誕生を経て、「NPO法人日本黄色い羽根協会」の事業として全国的な広まりに発展しましたが、平成28年4月にはこの協会が解散し、その事業組織を「黄色い羽根 石川」として、石川県腎友会が引き継ぎました。もともと、黄色い羽根運動は石川県が発祥の地であり、今後も続けることとしています。
 ご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。


 問 合 先 黄色い羽根 石川(石川県腎友会内)
 所 在 地 金沢市石引1丁目8-3
 電  話 076-221-2981


県民公開講座
移植教育講演会
(平成29年3月4日(土))

0000038154.jpg
演  題 「ふたたび命を得て」    

講  師 児嶋由紀 先生(ピアニスト)


講演内容

 腎臓機能が弱くなると、ずっと風邪をひいているような疲れやすい症状がずっと続く。血液透析は、1回5時間、週3回必要で、水分制限や食事制限があり、ほとんど自由な時間がない。主治医から移植という選択肢があると聞いたが、移植を待つよりは、透析を続けることを選ぶ人、移植をあきらめる人もいる。
 透析生活が3年続いた後、平成10年のさわやかな秋の晴れた日、移植コーディネーターから「適合するドナーが現れました。どうされますか?」という連絡があった。一刻を争うような時だったが、コーディネーターの言葉使いには安心感が持てた。主治医も「僕が君の立場だったら移植を受けるよ」と後押ししてくれた。
 移植後はひどい高血圧も正常になり、免疫抑制剤のおかげで症状はでていない。ドナーがいないと移植手術は不可能である。ドナーから命をつないでいただいたと思いながら、病院や学校で「命のコンサート」などの仕事を続けている。

 講演の後、「アメージンググレイス」などのピアノ演奏がありました。


   移植者から看護師さんへのメッセージ

透析だけは避けたいという思いで長年腎不全と闘ってきたので、尿毒症末期で死を意識するまで現実を受け入れることができませんでした。
透析導入後は命救われたことを実感し、一生の覚悟を持って臨みました。日々仕事と介護に追われる私には、透析中は心身共に休まる貴重な時間でしたが、さまざまな葛藤があり、時に看護師の方々の笑顔や明るさが眩しく、涙することもありました。

そのような中、主治医から移植という選択肢があることを知らされ、迷わずレシピエント登録をしました。いつかは叶うかもしれないという希望が、日々の透析生活に変化をもたらしてくれました。

患者に寄り添う看護師さんにお願いがあります。透析患者さんにはその先の選択肢があり普通の生活が取り戻せる手段があることを、是非とも伝えて下さい。

移植後数年間は孤独で不安でした。透析の日々を思い返すたびに、いかに管理していただき守られていたかを実感し、感謝の想いが溢れます。透析で寄り添い支えていただいたこと、移植に導き送り出していただいたこと、忘れません。
本当にありがとうございました。





 

                                                 

                                                 

  • 0000045201.jpg
  • 意思表示バナー
  • 0000045089.jpg
  • 0000044996.jpg
  • 0000046782.jpg
  • 0000045736.jpg
  • 0000043528.jpg
  • 日本臓器移植ネットワークバナー
  • 石川県腎友会バナー
  • 0000043626.jpg
  • 全腎協バナー
  • JTRバナー
  • 0000045253.jpg